たかが平織り、されどー8

糸が決まって、応援してくださっていた、愛染倉さんが、秋に展示会をやったら・・・と。しかも、その当時
浜松で一番の、浜松グランドホテルです。出来るか、出来ないか、本人には、まったく分かりません。
その時、運を天に任せようと・・・。

日が決まって、やるしかないと、思っていた時、友人の家で、心魅かれる、小さい書にであったのです。
それを書いた人が、木野村さんだったのです。後で 知ったのですが、彼は名古屋の書家の家に生まれて
将来を嘱望されながら、挫折があって、いま、一人で、浜松の家具屋に勤めている人でした。
?Gg[???ubN}[N??