煤竹のお箸

「マルカワの蔵」の、オーナーにお願いして、煤竹の作家さんに、お話を伺いました。最初は、東京での展示会のこと
伺いたいと、思っていたのですが、煤竹のこと殆どしりませんでしたので、藁葺きの屋根を下から支えて、何百年、
囲炉裏の煙に燻された竹だと聞いて、びっくり・・・。

展示会のことなどより、竹の凄さに、興奮してしまいました、作品の写真と、お箸をいただいて、その、お箸が、繊細でキリリとしているのです。私の仕事のなかで、この竹使いたいと,考えて、思いつきました。

糸がキチンと出て来るように、径(たて)糸の長さを決める,整径という大切な作業の時、手許で順序が
狂わないように、(あや)をとります。その時の、あや棒を、煤竹で作って貰います。
?Gg[???ubN}[N??