2019年July

今、有る糸で織る

注文を、じっと待っていても、時間がドンドン過ぎていきます。糸が、少し残っている、引き出しを、開けて全部出し、50センチ巾、170センチ長さの、マフラーを、織りました。やり始めると、面白くて、すぐに、機(はた)の前に、座りたくなります。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

新築のプレゼント

隣に、小さい女の子が3人の、若い家族が、家を建てて、1月に入居。可愛い子です。なるべく、名前で呼ぼうと 思っています。一番下の、まだ抱っこされている子が、最初わーんと、泣かれたのですが、2度目はじっと見るだけ なんと、3度目は、笑ってくれました。 私の仕事で、なんか、お祝いをと、考えて、空き羽のタペストリーを、かなり、押し付けた感じだったのですが、持って行きました。使って下さっているようで、ほっとしています。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

久しぶり・・・。

パソコンの調子が悪く、しばらく、お休みでした。糸を触っていたいな・・・、機(はた)の前に、座りたいな・・・と、思いながらの、毎日でした。この、ぼんやりした、毎日も、いい事なのかもしれません。 やっていると、ひたすら、楽しい、仕事をもっていること、幸せですから。 先日、創業時から、20年位、一緒に仕事をしてきた女性が、一晩で、亡くなられたこと、ご主人から、知らせが 在りました。はじめて、長野の松本で、展示会をやった時、いっしょに来てくれて、はじめの1枚が売れた時、とても 喜んでくれた事、忘れられません。松本は、石を投げれば、工芸家にあたるといわれるほどの、町です。 会場に入っていらしゃるときの、目の鋭さは、独特のものがありましたが、気に入ってくださると、反応がとても いいのです。彼女は、近くの、旧家の生まれでした。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。