工房萌木の歩みー5

新しい年になりました。
今年は、たくさん「仕事」をしたいと思っています。

以下前回の続きになります。

個展は思いがけない辞め方をした(清水)を案じてくださった、元の会社の方たちが、奥様と
たくさんきてくださいました。
いまでも、思い出すと胸がいっぱいになります。

もうひとつのドラマがありました。
友人の家でとてもいい字をみつけました。

そのころ頭の中は、展示会のことばかりでしたので、その人に受付に置きたいと小さい額の字を
頼みました。
「いいよ」といってくれて、会場をみてくれたのです。

なんと、その日運びこまれたのは、大きな額の字が4つ・・・。息をのむような字でした。



浜松では家具屋さんに勤めていた人ですが、名古屋の書家の息子さんだったそうです。

明日は天蚕糸との出会いを書きます。
?Gg[???ubN}[N??